目の粘膜の異常によるドライアイ

ドライアイという言葉が良く利用されるようになっていますが、それだけ目の乾きや不快感で悩んでいる人が多いということが伺えます。
ドライアイの症状は涙が少なくなるというイメージがありますが、目の粘膜に異常があった場合もそういった症状が出ることが多いものです。
コンタクトレンズを利用している方に多い症状ですが、それだけではなく、パソコンなどで目を酷使している方もまばたきの回数も少なくなり、こういった症状が出やすいものです。
ドライアイは目の表面がデコボコになってしまう症状で、痛みが出たりゴロゴロしたい、見えにくい、かすむなど様々な症状が出てきます。
こうした症状を改善するためには、パソコンの使用中にも休憩を入れたり、携帯電話などの使用を控えたり、まばたきを意識して行うなども取り入れていきたいものです。
そして、ドライアイは治療することでかなり改善することができます。
まずは眼科で診察や検査を受け、現在の状態を見てもらいましょう。
治療といってもよほどひどいものでない限りは手術などを行う必要もなく、点眼薬で改善できることが多いものです。
点眼薬も涙にはたらくタイプと、涙と粘膜にはたらくタイプがあり、それぞれの症状に合ったものを選ぶこととなります。

>