ボッシュの電動工具の特徴

自動車関連部品を中心とした商社として知られるボッシュは、電動工具のパイオニアとしても世界をリードしてきました。
電動工具はDIY意識の高まりから一般の人でも利用する人が増えていますが、そのようなDIY仕様の格安なものから、ハードな使い方をしても壊れにくい耐久性と精度の高さを誇るプロ仕様のものまで、幅広い電動工具を手掛けています。
ボッシュが世界初のモーターを内臓したハンド式の電動工具を開発したのは1928年のことでした。
これは画期的なことで、作業効率を大幅にアップさせることに貢献することになりました。
今では、電動工具の代表ともいえるハンマードリルなどは、ホームセンターなどでも手軽に購入することができます。
また最近では、世界で初めてとなるリチウムイオン電池を使ったバッテリー工具の開発にも成功しています。
リチウムイオン電池はエネルギー密度が高いので小型で軽量のバッテリーを作ることが可能であり、また他の電池と比べるとパワーが大きいという特徴があります。
さらに、最新のテクノロジーを駆使したメジャーリングツールとして、レーザー距離計などの新たな市場を開拓しています。
小型で格安、高性能という特徴があります。
外資系自動車業界の新卒求人採用ならBosch Japan


>